PR

ライフ ライフ

続く牛肉の全頭検査 安全から離れた“安心”対策

Messenger

 出荷側に自主検査を求めている流通大手のイオンは「消費者から放射性物質についての問い合わせはゼロではない。それにこたえるのに検査は必要」とのスタンスだった。しかし、検査しても基準値超はなく安全が保たれていることから、飼料の生産流通履歴が明らかで、しっかりと管理された牛肉については、今後は自主検査を求めないことを検討しているという。

 食の安全・安心財団の唐木英明理事長は「全頭検査は『安全』でなく『安心』のための対策。一度始めた“安心対策”をやめるのは極めて難しい」と指摘したうえで、「検査費用は税金や牛肉価格への上乗せでまかなわれており、結局は消費者が負担している。牛肉の安全のためには飼料の管理が何より大事で、検査は安全対策にならない。行政や流通は、この点を消費者にきちんと説明すべきだ」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ