PR

ライフ ライフ

那須雪崩、男性教諭3人を書類送検 業務上過失致死傷容疑

Messenger
2017年3月、那須雪崩事故で救助活動をする消防隊員ら=栃木県那須町
2017年3月、那須雪崩事故で救助活動をする消防隊員ら=栃木県那須町

 栃木県那須町で平成29年3月、登山講習中の高校山岳部員ら8人が死亡した雪崩事故で、栃木県警は8日、業務上過失致死傷の疑いで、講習責任者ら男性教諭3人を書類送検した。新たな積雪で雪崩の危険が高まっていたにもかかわらず、雪上歩行訓練の中止や行動範囲の限定などの措置を講じず、漫然と実施を決めた3人の判断に過失があり、事故につながったと判断した。

 県警は、遺族感情なども考慮し、起訴を求める「厳重処分」の意見を付けたとみられる。3人は事故後、雪崩を「想定していなかった」などと説明していたが、県警は3人の認否を明らかにしていない。

 書類送検されたのは、講習の責任者で麓の本部付近にいた猪瀬修一教諭(52)▽死亡した県立大田原高校山岳部員らの班を率いた菅又(すがまた)久雄教諭(50)▽後続の班を引率した渡辺浩典教諭(56)。

 書類送検容疑は29年3月27日早朝、前夜以降に30センチ超の新たな新雪があり、雪崩の危険性が高まったにもかかわらず、十分な安全対策を講じないまま雪上歩行訓練実施を決定。急斜面で発生した雪崩により生徒7人と登山初心者の教諭1人の計8人を死亡、生徒5人を負傷させたとしている。

 事故があったのは、県高等学校体育連盟登山専門部が実施した「春山安全登山講習会」の最終日で、当日は生徒46人、教員9人の計55人が参加した。

 県警は捜査の結果、雪崩に42人が巻き込まれ、8人が死亡、12人が重軽傷を負ったとした。県教育委員会は昨年3月、講習を安全に実施する責任を果たさなかったとして、3人を停職3~5カ月の懲戒処分としていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ