PR

ライフ ライフ

京都発のきっかけ食堂、被災地・仙台に 毎月11日、東北食材で料理提供

多くの人で賑わうきっかけ食堂=京都市上京区(永田直也撮影)
多くの人で賑わうきっかけ食堂=京都市上京区(永田直也撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 東日本大震災の被災地に思いをはせるため、京都の大学生らが毎月11日、東北の食材を使った料理を提供する酒場「きっかけ食堂」が全国に広がっている。約5年前に始めた学生らは卒業し、就職した東京で開店。名古屋でも賛同者が後に続き、京都では3代目メンバーが引き継ぐ。震災から8年となる11日には被災地・仙台にもオープンする。(奥清博、桑村大)

3代目引き継ぐ

 京都市上京区の貸店舗で毎月11日夜、のれんをあげる「きっかけ食堂」。2月11日、2代目メンバーから3代目メンバーへの引き継ぎが発表された。

 食堂は平成26年5月、京都からの震災ボランティアツアーを企画運営していた原田奈実さん(24)が、当時通っていた立命館大の同級生らと3人で始めた。食材は東北の生産者から仕入れた新鮮な魚介類や特産品、地酒など。食を通じて東北の被災地や復興を考える「きっかけ」をつくりたいと思った。30年2月には継続的な活動が認められ、復興庁から表彰された。

 3代目メンバーの会社員、武田彩(あや)さん(23)は震災ボランティアを通じて原田さんと親交があった。「3月11日が近づき、当時の映像やニュースがよく流れている。過去のことばかりではなく、今ある東北の魅力を伝えるようなつながりに変えていきたい」と決意を新たにする。

卒業後に東京出店

 初代メンバーの原田さんは29年3月の大学卒業後、東京で就職し、活動から距離を置いていた。しかし30年3月、海産物を仕入れ、料理法やさばき方などのアドバイスを受けていた宮城県気仙沼市の「丸功(まるこう)魚屋」が廃業することを知った。得意客の転居や大型スーパー開店のあおりを受けたためだった。

 「遠くからでも何かできることがあったのではないか」。そんな思いが募り、翌4月から東京都渋谷区で食堂を始めていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ