PR

ライフ ライフ

鎌倉にもかつて旧皇族の別邸 山階宮家 敷地内に地震観測所

Messenger

 神奈川県鎌倉市にはかつて、旧皇族の山階宮(やましなのみや)家の別荘(別邸)があった。この山階宮別邸は「鎌倉別邸」や「由比ケ浜別邸」などと呼ばれていたと伝えられる。市内にはかつて、鎌倉御用邸もあるなど、鎌倉も皇室とは縁があるとされる。

 地元最古の社会貢献団体「鎌倉同人会」が過去に発行した古地図によれば、別邸は現在の鎌倉市由比ガ浜の鎌倉保健福祉事務所(鎌倉保健所)付近にあったようだ。

 大きな発見が

 大正15(1926)年9月2日付の時事新報には〈世界地震学を訂正する 今村博士の大きな発見 鎌倉山階宮御別邸内研究所の博士 愈々(いよいよ)十月東京の汎太平洋会議に発表〉とする見出しで、以下の原稿が掲載されている。

 記事では〈帝大教授理学博士今村明恒氏は今夏鎌倉由比ケ浜の山階宮邸内、帝大地震観測所に於(おい)て地震の新研究に没頭して居(い)たが、遂(つい)に世界の地震学にまだ考えられて居なかった一つの大きな発見をするに至り、愈々今秋十月初めて東京に開かれる汎太平洋学術会議に於て発表する事になった〉としている。“発見”の内容は割愛するが、鎌倉の山階宮別邸の敷地内には、東京帝国大学(現・東京大学)の地震観測所があったことが分かる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ