PR

ライフ ライフ

柴山昌彦文科相「立地地域への効果考慮」 ILCの見解表明で

Messenger
ILC計画について方針を説明する柴山昌彦文部科学相=7日、文部科学省(伊藤壽一郎撮影)
ILC計画について方針を説明する柴山昌彦文部科学相=7日、文部科学省(伊藤壽一郎撮影)

 次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の構想について7日、文部科学省が見解を発表したことを受け、柴山昌彦文科相は同日午後、記者団の取材に応じ「国内外で議論が継続されることを期待する。政府レベルでも、文部科学省は計画に関心を持って国際的な意見交換を継続していく」と述べた。

 現時点で誘致の表明に至っていないにもかかわらず、意見交換を行う背景については「ILC計画がもたらす技術的研究の推進や立地地域への効果の可能性にかんがみた」と説明した。

 今後については、国内では日本学術会議が国の進めるべき大型学術研究プロジェクトを審査し選ぶマスタープラン、国外では欧州の次期素粒子物理戦略の議論が始まることを挙げ、「そういった場で(日本の)見解に基づき検討していただきたい」と話した。

 日本への誘致の可否を判断する時期については「日本学術会議や関係する研究者の理解を得ながら、マスタープランにしっかり落とし込む作業を続ける」と述べるにとどめた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ