PR

ライフ ライフ

「バブルの夢」再び 文化やファッション復活相次ぐ

Messenger
神戸メリケンパークオリエンタルホテルで行われたディスコイベント=2月、神戸市中央区
神戸メリケンパークオリエンタルホテルで行われたディスコイベント=2月、神戸市中央区

 昭和の終わりから平成にかけて日本中がわいた「バブル経済」。当時流行した文化やファッションを復活させる動きが、懐かしむ中高年だけでなく若者にも広がっている。バブルを象徴する「ディスコ」が各地で復活。高級車は当時を彷彿(ほうふつ)とさせる好調な売れ行きで、リゾート開発も活発だ。戦後最長の景気拡大が続いていることもあり、バブル再到来を期待する声も上がっている。(林信登)

 ■「ディスコ」復活

 七色の照明が交差するフロアに流れる往年のダンスミュージック-。

 神戸メリケンパークオリエンタルホテル(神戸市中央区)で2月3日、バブルをイメージしたディスコイベントが開かれた。ドレスアップした女性やスーツ姿の男性ら約200人が集まり、ディスクジョッキー(DJ)が流す音楽に合わせて体を揺らした。

 大阪や京都では当時人気だった「マハラジャ」などのディスコが続々と復活しており、「神戸にも大人の社交場を」と同ホテルが昨年8月から定期的に開いている。お立ち台やVIP席のほか、神戸港を一望できる屋外テラス席が用意され、若者や外国人も多く訪れた。

 ホテルの松岡正・総支配人は「近年のバブル復活の動きに合わせ、幅広い世代からのニーズに応えることができた」と笑顔をみせる。

 ■若者からも注目

 バブル時代の文化が再び注目を集めている。その動きを象徴するのが、当時の流行をネタにしたお笑い芸人や、「バブリーダンス」で話題の大阪府立登(と)美(み)丘(おか)高校ダンス部などの存在。派手な色使いが写真映えすることもあり、会員制交流サイト(SNS)では真っ赤な口紅や太い眉など当時のメークを再現する若者も多くみられる。

 足元の好景気も要因の一つとされる。平成24年12月から続く景気拡大は今年1月で74カ月に達し、これまで戦後最長とされた「いざなみ景気」(14年2月~20年2月)の記録を抜いた。

 昨年度の国の税収や完全失業率もバブル期並みの水準に回復しており、「実感なき景気回復」といわれながらも好景気ムードは着実に高まっている。

 ■高級車販売好調

 「20~30年周期で流行が繰り返す」とされるファッション業界でも、バブル時代の流行を現代風に取り入れながら復活している。バブルを代表する「ボディコン」は体への密着度を減らし、短かったスカート丈もひざ上程度にアレンジ。派手な柄のワンピースは、シンプルな上着を羽織って着こなすなどして、幅広い世代に支持されている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ