PR

ライフ ライフ

同時昇級ならず、師匠と船江恒平勝利、藤井聡太対局続く

Messenger
千葉幸生七段に勝ち、昇級が決まった杉本昌隆八段=5日午後、東京都渋谷区の将棋会館(宮崎瑞穂撮影)
千葉幸生七段に勝ち、昇級が決まった杉本昌隆八段=5日午後、東京都渋谷区の将棋会館(宮崎瑞穂撮影)

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)と師匠の杉本昌隆八段(50)の師弟同時昇級が懸かった第77期順位戦C級1組の最終局が5日、大阪と東京の将棋会館でそれぞれ行われた。師弟を含む4人が勝ち星トップで並んでいたが、杉本八段が勝利し、B級2組への昇級を決めた。藤井七段の対局は続いているが、順位が上位の船江恒平六段(31)が勝利したため、藤井七段は昇級枠からもれ、来期のC級1組の残留が決まった。

 C級1組からB級2組へ昇級できるのは39人中、2人のみ。8勝1敗に藤井七段、杉本八段、近藤誠也(せいや)五段(22)、船江六段の4人が並ぶ混戦となっていた。

 順位戦では前期の成績をもとにクラス内の順位が決められており、勝ち星が並ぶと順位の高い棋士が優先される。今期C級1組では、初参戦の藤井七段は31位。7位の杉本八段、14位の船江六段が勝利したため、藤井七段は勝っても昇級できない。なお、6位の近藤五段が勝てば、船江六段も残留となる。

 千葉幸生(さきお)七段(40)に勝ち、B級2組昇級を決めた杉本八段は終局直後、険しい表情のまま「他の(対局の)結果は?」と、弟子の藤井七段の昇級の行方を気にした。「今回の順位戦は藤井七段と昇級するのが目標でした」と小さな声で話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ