PR

ライフ ライフ

師弟同時昇級か 順位戦対局始まる 藤井七段は大阪で

Messenger
順位戦C級1組最終局で都成竜馬五段(左)との対局に臨む藤井聡太七段=5日午前、大阪市福島区の関西将棋会館
順位戦C級1組最終局で都成竜馬五段(左)との対局に臨む藤井聡太七段=5日午前、大阪市福島区の関西将棋会館

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)と師匠の杉本昌隆八段(50)の師弟同時昇級が懸かった第77期順位戦C級1組の最終局が5日、大阪と東京の将棋会館でそれぞれ始まった。藤井七段、杉本八段がともに勝ち、勝ち星で並ぶライバル2人が敗れれば、B級2組へ同時昇級を達成する。同一クラスの師弟の同時昇級が実現すれば、32期ぶり2例目となる。

 C級1組からB級2組へ昇級できるのは39人中、2人。現在、藤井七段、杉本八段、近藤誠也(せいや)五段(22)、船江恒平六段(31)の4人が8勝1敗で並ぶ混戦となっている。

 順位戦では前期の成績をもとにクラス内の順位が決められており、勝ち星が並ぶと順位の高い棋士が有利となる。今期C級1組初参戦の藤井七段は31位。師弟がそろって昇級するには、藤井七段と杉本八段(7位)が勝った上で、6位の近藤五段と14位の船江六段が負けることが条件だ。

 この日、藤井七段は大阪市福島区の関西将棋会館で都成竜馬(となりりゅうま)五段(29)と対戦。杉本八段は東京・将棋会館で千葉幸生(さきお)七段(40)と対局している。終局は深夜になる見込み。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ