PR

ライフ ライフ

NY・メトロポリタン美術館で「源氏物語展」

Messenger
メトロポリタン美術館で報道陣に公開された「源氏物語」の特別展ー4日、米ニューヨークの(上塚真由撮影)
メトロポリタン美術館で報道陣に公開された「源氏物語」の特別展ー4日、米ニューヨークの(上塚真由撮影)

 【ニューヨーク=上塚真由】米ニューヨークのメトロポリタン美術館で4日、「源氏物語」の特別展が報道陣に公開された。一般公開は5日から6月16日まで。日本文化に与えた影響の大きさを伝えるため、物語にちなむ国宝や人気漫画まで約120点を8テーマに分けて展示。同美術館は「これまで日本国外で源氏物語を扱った美術展としては最も包括的」とアピールしている。

 会場には、作者の紫式部が参籠(さんろう)時に源氏物語の着想を得たとの伝承がある石山寺(大津市)の本堂が再現され、4日の内覧会では僧侶らも参加して記念法要が営まれた。学芸員のジョン・カーペンター氏はあいさつで、2月に死去した米コロンビア大名誉教授のドナルド・キーンさんが18歳の頃に源氏物語と出会い日本文化に興味を抱いたと説明し、「キーン教授も天国から見てくれていると思う」と話した。

 特別展では、石山寺の宝物11点を通じて仏教との関連を紹介し、源氏物語を題材にした大和和紀さんの漫画「あさきゆめみし」の原画などを展示。日本国外への貸し出しが初となる作品も含まれ、俵屋宗達(たわらや・そうたつ)のびょうぶなど2点の国宝は最初の6週間のみの展示となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ