PR

ライフ ライフ

駅が丸ごとキャプテン翼 東京・葛飾の京成四ツ木

Messenger
「キャプテン翼」のキャラクターが天井などに描かれた京成電鉄四ツ木駅の構内=4日午後、東京都葛飾区(宮崎瑞穂撮影)
「キャプテン翼」のキャラクターが天井などに描かれた京成電鉄四ツ木駅の構内=4日午後、東京都葛飾区(宮崎瑞穂撮影)

 東京都葛飾区の京成電鉄四ツ木駅の構内が全面的にサッカーアニメ「キャプテン翼」でラッピングされた。葛飾区では、原作者の高橋陽一さんが地元出身であることや、舞台の一つが、高橋さんの母校、都立南葛飾高にちなんで「南葛市」に設定されていることから、キャプテン翼を生かした地域の盛り上げを進めてきた。

 4日午前、四ツ木駅に隣接した会場で開かれたオープニングセレモニーには、高橋さんや作品の大ファンとして知られるJリーグ神戸のアンドレス・イニエスタ選手が登場。イニエスタ選手は、子どものころ、登校前にテレビで見ていたと明かし「個性のあるプレーが印象に残っている。作品が作られた日本でサッカーができるのを喜んでいる」と話した。

 今回のラッピングでは、駅名の看板やコンコースの壁面に、主人公大空翼ら登場人物が大きく描かれた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ