PR

ライフ ライフ

【移住のミカタ】京都府宮津市 心の豊かさ満たされ感謝

Messenger
落花生を収穫する寺田夫妻
落花生を収穫する寺田夫妻

 地域おこし協力隊として堺市から移住して1年がたちました。サラリーマン時代に毎日夜遅くに帰宅していたことが遠い昔に感じています。いま日本三景「天橋立」がある宮津市で程よい不便さを楽しみながら活動しています。

 地域おこし協力隊の活動内容は主に地域活性につながる活動、3年の任期終了後に同市内で起業(定住)するというミッションです。1年目は広報やSNSなどを使って魅力を幅広く伝えながら自分たちを認知してもらうことをメインに行い、2年目は自分の起業をメインに活動しています。海に面している地域なので海の幸の印象でしたが、実は山からの清流で育てているお米が非常においしい。これは大発見でした。田植えから稲刈り、もみすりなども地域の方々と一緒に作業をやらせていただきました。そしてこのお米を広く伝えたいと思い、妻が昔からずっとしたかったおにぎりカフェのオープンを決意。日々準備を行っています。

 生活面の豊かさはもちろん大切ですが、それ以上に心の豊かさを満たしてくれる地域に出合えて本当に感謝しています。(宮津市地域おこし協力隊 寺田俊介、亜由美)

 ◇

メモ 東京からは新幹線、JR山陰本線、京都丹後鉄道宮福線で約5時間40分。問い合わせは、みやづUIターンサポートセンター(0772・45・1033)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ