PR

ライフ ライフ

【聞きたい。】新井素子さん 『ショートショートドロップス』

Messenger
新井素子さん
新井素子さん

 ■味わい尽くせる短編の魅力

 「女性作家によるショートショート集を作りたい」

 3年前、編集者からの依頼に「面白そう」と編者を引き受けた新井素子さん。

 「選ぶのに3年間で読んだのは、本を200~300冊と文芸雑誌も。読むのは好きで、年に500冊くらいは読むので、それは楽しかったのですが…」

 問題はショートショートの定義。まず原稿用紙換算で〈私の感覚では、十~二十枚〉(まえがき)だが、「これいいなと思って編集者に渡すと『52枚あるんですよね』って」。悩みに悩んで四十数枚で線引き。また、完全なプロット(物語の枠組み)▽新鮮なアイデア▽意外な結末-の「三要素」に苦悶(くもん)しつつ、3つ満たさなくても〈素敵(すてき)なお話は、ある〉と、最後は「私が好き」なもので通した。

 こうして選んだ15作。皆川博子、萩尾望都、宮部みゆき、恩田陸、三浦しをん、辻村深月、村田沙耶香らのSFやホラー系、ほのぼのメルヘン風など多彩な作品が並んでいる。

 「いろいろな色、形、味で、缶に入ったドロップのイメージ。好きな作家さんとか、どこからでもすぐに読めます。最近は長編が多いけど、細部まで目が行って味わい尽くせる短編もいいなと改めて思いました」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ