PR

ライフ ライフ

埼玉県初の公立夜間中学、入学生は12カ国から計79人に 川口市

 埼玉県川口市で4月に開校を予定している県内初の公立夜間中学「川口市立芝西中学校陽春分校」の入学者が79人であることが1日、分かった。今年1月4日から第2期の募集が始まり、先月28日に締め切られた。入学式は4月16日を予定している。

 79人のうち、日本人は35人で外国人は44人。昨年末で締め切った第1期募集時は日本人(31人)が外国人(27人)を上回っていた。

 外国人の国籍は12カ国に及び、中国20人▽ベトナム6人▽韓国4人▽トルコ、アフガニスタン、ブラジル、ペルー、ミャンマー各2▽ネパール、タイ、パキスタン、フィリピン各1-となっている。

 年齢層は、10代の20人を筆頭に、40代17人▽20代13人▽60代9人▽30代、50代7人▽70代5人▽80代1人-だった。

 今年に入り外国人の入学希望者が増えた理由として市教育委員会学務課は「開校を知る機会が日本人に比べ少なかったからではないか」と分析。外国人の入学希望者に対し、「知り合いに夜間中学に関心がある人はいませんか」などと声がけしたことも功を奏した。

 市教委によると、今後は募集は行わないが、新たに希望者が現れた場合は柔軟に対応するという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ