PR

ライフ ライフ

【長野・須坂市動物園 飼育員日誌】オカメインコの「ほっぺちゃん」と「たくあん」 鼻歌に合わせて鳴きます

Messenger
オカメインコの「ほっぺちゃん」と「たくあん」
オカメインコの「ほっぺちゃん」と「たくあん」

 オカメインコは、オーストラリアが原産の鳥で名前にインコと付きますが実は、オウムの仲間です。オウム目は頭に王冠のような羽「冠羽(かんう)」があり、この鳥ならではの特徴です。

 須坂市動物園で飼育している「ほっぺちゃん」と「たくあん」は平成29年9月19日に、「小鳥と小動物の森 松本市アルプス公園」からやってきました。

 2羽の見分け方をお教えします。「ほっぺちゃん」は羽の色が濃い黄色で、グレーの部分がいくぶん広め。薄い黄色の羽にグレーが少ない「たくあん」とは対照的です。それに体も「たくあん」の方がいくらか大きいんです。

 2羽とも怖がりな性格で、飼育員が近くに行くと「フン、フン」と鼻息を荒らげて怒ります。でも最近になって、飼育員が鼻歌交じりに作業をしていると、一緒に鳴いたりします。少しずつですが、飼育員に慣れてきたようです。

 嫌いな鳥はカラス。鳴き声が聞こえると、「ピィ、ピィ」と警戒音を出したりします。大好きな活動は水浴び。飼育員が霧吹きをかけると、楽しそうに翼を広げ浴びています。

 来園の際はそっと観察してみてくださいね。(オカメインコ担当 中澤槙子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ