PR

ライフ ライフ

新東名で最高速度120キロに引き上げ開始 国内初、東北道でも

Messenger
新東名高速道路の新静岡IC-森掛川IC間で、標識が最高速度120キロに変更された=1日午前、静岡県島田市横岡(石原颯撮影)
新東名高速道路の新静岡IC-森掛川IC間で、標識が最高速度120キロに変更された=1日午前、静岡県島田市横岡(石原颯撮影)

 新東名高速道路の新静岡インターチェンジ(IC)-森掛川IC間約50キロの上下線で1日午前10時、最高速度120キロに引き上げる試行が始まった。120キロ引き上げは国内初。東北自動車道の花巻南IC-盛岡南IC間(岩手県、約27キロ)の上下線でも同日から始まった。試行期間は少なくとも1年が予定されている。

 同区間では平成29年11月から国内初の高速道路である名神高速が開通した昭和38年以降、初となる最高速度110キロ試行が実施されていた。引き上げによる事故や著しい速度超過による違反の増加は確認されず、一定レベルの安全性が確認されたとして、さらに10キロ引き上げる運びとなった。

 悪天候や事故が起きた場合は、状況に応じて速度制限を行う。最高速度引き上げは乗用車やバイクが対象。大型トラックやトレーラーなどの車種は現行の80キロに据え置かれ、速度差はさらに拡大することとなる。

 県警高速隊の望月敏行副隊長は「最高速度を引き上げたからといって、その速度で走らないといけないわけではない。おのおののドライバーが安全な速度を選択してもらいたい」と呼びかけている。

 高速道路の最高速度引き上げは国の議論を受け、安全性を調べるための措置。安全性が確認された場合、警察庁は新東名など道幅が広く、カーブや勾配が緩やかなどの条件を満たす「高規格」の高速道路で引き上げ区域を拡大していく方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ