PR

ライフ ライフ

引っ越し難民、今年も発生? 手間省く新サービスも続々登場

Messenger
3~4月の平均引っ越し額
3~4月の平均引っ越し額

 転勤や進学のために転居したくても、希望通りにできない「引っ越し難民」。業者の人手不足は深刻で、昨年に続き、引っ越し難民の発生が懸念されている。一方で、ウェブ上で予約が完結できたり、トラックをシェアしたりといった新たなサービスも生まれている。(油原聡子)

 引っ越し業界の繁忙期となる3~4月。近年は、運転手、作業員の不足に加え、事業者が働き方改革に取り組み、受け入れ件数を抑制する傾向にあった。引っ越し大手の担当者は「作業員や車両の集まりにくさが年々加速している印象。スタッフの時給も上昇している」と明かす。さらに今年は、大手のヤマトホールディングス子会社が、不祥事を受けて現在事業を停止していることも懸念材料となっている。

 国土交通省や全日本トラック協会は、引っ越し時期の分散を呼びかけ、混雑日の予想を発表。石井啓一国交相は2月26日の記者会見で、国交省の今春の人事異動では繁忙期を避け、4月の2週目以降の転居を検討するよう職員に周知することを明らかにした。

 料金は上昇見込み

 引っ越し各社も対応を進めている。

 大手の「アートコーポレーション」(大阪市)は、駅近くに作業員採用の拠点を設けるなど人員確保に取り組み、3~4月の取扱件数は前年同期に比べ5%ほど増やす予定だ。ただ、今年は1月中に春の引っ越し予約が増えるなど、動きが早期化しているという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ