PR

ライフ ライフ

五月晴れの空を待つ こいのぼり製作ピーク

Messenger
製作作業が大詰めを迎えた手描きこいのぼり=堺市西区(須谷友郁撮影)
製作作業が大詰めを迎えた手描きこいのぼり=堺市西区(須谷友郁撮影)

 全国でも珍しい手描きのこいのぼりを製造する堺市西区の工房「高儀(たかぎ)」で作業が大詰めを迎え、作業場に並んだ色鮮やかなこいのぼりが、五月晴れの空を悠々と泳ぐ日を待っている。

 昨年6月から、大小(全長25センチ~6・3メートル)計600枚を約10カ月かけて製作。最近では海外からの注文も増えているという。

 明治期の創業以来6代目となる高田武史さん(64)は「子供たちが元気にたくましく育ってくれるように、日本の固有文化を絶やさず作り続けていきたい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ