PR

ライフ ライフ

旧水戸城大手門整備へ 鬼瓦、鯱瓦の記名会

Messenger

 26日には同市立双葉台中(同市双葉台)の生徒らが同市役所を訪れ、昨年秋に収穫し、市内のイベントで販売したサツマイモの売上金3万1800円を整備事業に寄付した。

 この日はいずれも同校1年の鈴木陽向(ひなた)さん(13)、鈴木暖空(はるあ)さん(12)、猿田隼人さん(13)が出席。3人が高橋市長に目録を手渡し、高橋市長は「大切に使わせていただく。立派なものを作りたい」と感謝状を贈った。

 その後、3人は二の丸角櫓に取り付ける瓦への記名を行い、校名や名前とともに「茨城がもりあがりますように」などとメッセージを書き込んだ。鈴木陽向さんは「貴重な体験をさせてもらえた」と目を輝かせていた。(丸山将)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ