PR

ライフ ライフ

女性を魅了「筋肉美」 健康的に痩せたい マッチョバーで相談

Messenger

 ブームの背景には女性の関心事の一つ、ダイエットが深く関わっている。「健康志向が高まり、より女性らしい、しなやかさのある体を目指して鍛える風潮ができている」と説明するのは、レッスンスタジオ「ソラーチェ代官山」(東京都渋谷区)代表取締役の山崎麻央さん(45)。

 筋肉をつけることでダイエットに欠かせない基礎代謝が上がる。あくまで代謝を上げて痩せやすくし、均整の取れたスタイルを目指すことが目的だ。

 ■フィットネス拡大

 ブームを裏付けるようにフィットネスクラブ市場は年々拡大を続ける。帝国データバンクによると、フィットネスクラブを経営する企業の平成29年度の収入高は、過去10年で最高の5968億300万円(前年度比4%増)に上り、7年連続で増収を記録した。

 森永製菓(東京)によると、筋肉をつくる上で必要不可欠とされるプロテイン(タンパク質)を手軽に摂取できるスナックバーの売上げも3年間で約2・7倍に伸びた。

 「#腹筋女子 お腹(なか)が割れたら人生変わった!」(講談社)の監修者でもある山崎さんは「女性の間でも筋トレに対する価値観が変わりつつある。一過性のブームに終わらず、習慣として日常生活の中に定着するのが望ましい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ