PR

ライフ ライフ

【節約家計簿】大学進学時の学費のかけ方

Messenger
国公立大の2次試験が始まり、東京大学の試験会場に向かう受験生=25日午前、東京都文京区(鴨川一也撮影)
国公立大の2次試験が始まり、東京大学の試験会場に向かう受験生=25日午前、東京都文京区(鴨川一也撮影)

 大学入試の合格発表が相次ぎ、親にとっては発表を待ちつつ入学金の支払いを考える悩ましい季節です。

 文部科学省の調査によると、高校3年時の塾の費用は、公立高校生で年間14・3万円、私立高校生は23万円ですが、受験しない子も含めた平均値で実感よりも低く感じます。受験料や浪人する際の費用は統計がありませんが、意外とかかります。先日、教育費について講演し、長男の例を紹介しました。

 高校3年時の塾の費用は56万5千円、受験費用は21万1千円、浪人時の予備校の費用は92万5千円、受験費用は36万1千円。進学を決めた私立大の入学金と1年目の授業料135万5500円、高3と浪人時の家庭教師代約40万円。ここまでで計約382万円。長男は大学をやめて別の大学を受け直し、さらにお金がかかることになるのです。

 一般に、受験料は、大学入試センター試験が3教科以上は1万8千円、国公立大の2次試験は1万7千円(学部により異なる)、私立大は1校1学部3万5千円が相場です。私立を挑戦校、実力相応校、すべり止め校と3校受ければ計10万5千円。最近は私立でもセンター試験利用や複数回受験もあるので、その分、受験料がかかります。

 浪人時の予備校代は、私立文系は年約100万円が目安。理系や医学部を目指すとさらにかかるでしょう。入学後は、国立が年64万2500円、私立が同136万900円(日本学生支援機構データから)。

 私立高校に進学した家庭で「指定校推薦で大学が決まり、塾の費用も余分な受験料も不要だった」という例もあります。確かに効率的ですが、希望校に受かるとは限りません。

 教育費はかけさえすればいいわけでもなく、かけなさ過ぎて選択肢を狭めるのもよくないから難しい。子供が望む進路を歩めるように、親も情報を得て戦略を持つ必要があると思うこの季節です。(マネーライター 生島典子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ