PR

ライフ ライフ

猫を毒殺、相模川周辺で 容疑の無職男を今日にも書類送検

Messenger

 毒薬を混ぜたキャットフードを猫に与えて殺したとして、神奈川県警が25日にも、動物愛護法違反容疑で相模原市中央区の無職の男(29)を書類送検する方針を固めたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、男は昨年11月中旬、同区田名の相模川河川敷で、毒薬を混ぜたキャットフードを置いて猫3匹を毒殺した疑いが持たれている。

 毒薬は「ランネート」と呼ばれる薬品で、殺虫剤や農薬として使用されている。捜査の過程で、男がインターネット掲示板に「猫を毒エサで殺した」と書き込んでいた疑いが浮上。県警が男から事情を聴いたところ容疑を認めたという。

 相模川周辺では、昨年11月18日に河川敷の3体の猫に加え、近くの住宅街の駐車場で1体の猫の死骸が見つかっていた。同25日には相模川の高田橋の下で1体の死骸も発見されていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ