PR

ライフ ライフ

ドナルド・キーンさん死去 「日本のことを考えない日はなかった」

法被に鉢巻き姿で御白石持行事に参加した、日本文学研究者のドナルド・キーンさん(中央)=2013年8月、三重県伊勢市
法被に鉢巻き姿で御白石持行事に参加した、日本文学研究者のドナルド・キーンさん(中央)=2013年8月、三重県伊勢市
その他の写真を見る(1/3枚)

 日本と日本文学をこよなく愛し、晩年は日本に帰化したドナルド・キーンさんが24日、96歳で亡くなった。自在に日本語を操り、多くの日本人文学者と親交を深めた。英語と日本語の双方で執筆し、海外に広く日本文学を紹介するとともに、日本人に古典文学の魅力を再認識させた功績も大きい。

 日米関係の雲行きが怪しくなっていた1940年、18歳だったキーン氏はニューヨークの書店で「源氏物語」の英訳書を手にしたのが日本文学との出会いだった。英国の東洋文学者、アーサー・ウェイリー氏(1889~1966年)による訳文のすばらしさに強くひかれたといい「実生活が醜い中、美しい別の世界が目の前に現れてきた」と後年、話していた。

 戦時中は海軍の情報将校として沖縄などに従軍。捕虜になったことを恥じて死を求める日本兵を「日本の再建のために生きるべきだ」と説得したという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ