PR

ライフ ライフ

【書評】『段ボールはたからもの』 島津冬樹著

Messenger
「段ボールはたからもの」島津冬樹著(柏書房)
「段ボールはたからもの」島津冬樹著(柏書房)

 道端に捨てられた段ボールから財布などの作品を作っている著者が、世界中を回ってどうやって段ボールを入手するのかをしたためた旅の記録。不要なものから大切なものを生み出すアップサイクルの実例として海外でも注目されているアーティストの涙ぐましい努力が、軽快な言葉でつづられる。

 フランスではテロリストに間違われ、イスラエルでは入国審査に4時間も足止め、と段ボール集めは苦労が絶えない。ドイツでは現金を盗まれるが、子供たちが段ボールの切れ端で作った紙幣をくれたといった心温まるエピソードも満載。風変わりな目的のある旅は楽しい。(柏書房・1400円+税)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ