PR

ライフ ライフ

茨城県民の警察官表彰式 神郡勇人氏と本田功氏

Messenger

 栗生(くりゅう)俊一警察庁長官のお祝いメッセージを小野田博通県警警務部長が読み上げ、種部滋康(しげやす)県警本部長が「今後とも他の警察官の模範となり、一層の活躍を期待する」と激励した。

 受章者を代表して、神郡警部補が「今日の感激を深く胸に刻み、安全、安心を実感できる『いばらき』の確立に向け、職務に精励する」と謝辞を述べた後、本田巡査部長も「これからも地域を守る地域警察官として努力する」とあいさつ。両氏を支えてきた夫人のコメントが読み上げられると、会場から盛大な拍手が送られた。(永井大輔)

 受章者夫妻の喜びの声は以下の通り。

神郡勇人警部補

 「私たちは地域住民の安全、安心を守るため、日夜、犯罪の予防、検挙、交通の取り締まりなどに取り組んでまいりました。その成果が認められ、名誉ある章を受章できましたことは喜びとともに、大変、身の引き締まる思いです。安全、安心を実感できる『いばらき』の確立に向け、職務に精励してまいりますので、引き続きご指導を賜りますようお願い申し上げます」

裕子夫人

 「上司や同僚に恵まれ、皆さまのご指導、ご協力のもと、真面目にやってこられたことで、この名誉ある章をいただくことができたのだと思います。主人を大変誇りに思うとともに、今までお世話になりました方々に深く感謝申し上げます。警察官としての勤務もあと数年ですが、職責を果たせますようにしっかりと支えていきたいと思います。本日は本当にありがとうございました」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ