PR

ライフ ライフ

現役最高齢の芸者、浅草ゆう子さん死去 96歳

Messenger

 現役最高齢の芸者、浅草ゆう子(あさくさ・ゆうこ、本名・菊池文=きくち・ふみ)さんが20日、死去した。96歳。密葬を23日に行い、本葬は28日午後2時、東京都台東区浅草3の33の5、浅草三業会館で。喪主は長男、菊池幹雄(みきお)氏。

 大正12年、東京生まれ。数え13歳で浅草の芸者置屋(おきや)「新菊の家」に奉公に上がり、16歳で芸者デビュー。20歳で独立し、昭和27年には「新菊の家」の看板を譲り受け、川端康成や田中角栄、美空ひばりなど各界名士のお座敷を務めた。平成13年度優良芸妓顕彰。花街芸能継承に尽力し「ゆう子姐さん」と親しまれた。著書に「いつでも今がいちばん。いきいきと、90歳の浅草芸者」がある。

 関係者によると、最後のお座敷は一昨年の12月。最近は体調を崩し、横浜市内の病院に入院していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ