PR

ライフ ライフ

【主張】iPS治療の拡大 安全優先で着実な発展を

Messenger

 さまざまな臓器や組織の細胞に分化できる人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った再生医療の実用化に向けて、臨床試験の実施、承認の動きが広がっている。

 脊髄損傷の患者にiPS細胞から作った神経のもとになる細胞を移植し、機能回復を目指す、慶応大チームの臨床研究計画が了承された。

 多くの難病患者が実現を待ち望む、iPS治療の裾野が広がることを大いに歓迎する。

 同時に、患者の安全を最優先として、実用化への過程を堅実に進めることを求めたい。

 iPS細胞を使う再生医療の臨床研究では、理化学研究所などが重い目の病気で、京都大がパーキンソン病で、患者への移植を実施している。大阪大の心不全治療や京都大の再生不良性貧血の輸血も承認され、新たに承認された慶応大の計画は、iPS細胞を使った脊髄損傷の臨床研究では世界初となる見通しである。

 日本の医療、創薬は臨床、実用化の段階で欧米の後塵(こうじん)を拝することが多かった。iPS細胞では、山中伸弥京都大教授による開発から臨床研究まで、世界の先頭を走り続けており、大きな意義がある。高く評価したい。

 だからこそ、先頭走者は隠れた落とし穴に陥るリスクが大きいことも忘れてはならない。

 「難病患者を救いたい」という純粋な動機以外の、例えば国の成長戦略や協力企業の思惑がからんで、実用化を急ぎ過ぎるようなことがあってはならない。

 iPS細胞は多くの臓器や組織の再生に使える。治療の手法は異なっても、がん(腫瘍)化の防止など共通する課題は多い。

 研究チームや協力企業の壁を越えて可能な限りの情報を共有することで、隠れた落とし穴のリスクを小さくできるのではないか。患者にとっても安全性が高まる。

 研究チームや企業間の公正な競争は、もちろん尊重しなければならない。

 これとは別の視点で、研究機関と企業の連携、ネットワークで日本の再生医療の総合力を高めていく、という構想があっていい。その場合は、京都大iPS細胞研究所が中核となるだろう。

 iPS細胞は日本の宝であり、世界の宝でもある。焦って壊してはならない。大切に、そして健全に発展させたい。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ