PR

ライフ ライフ

最年少プロの仲邑新初段、台湾女流トップに敗北

Messenger
記念対局を終えた仲邑菫新初段(左)と黒嘉嘉七段=20日午後、東京都千代田区の日本棋院(川口良介撮影)
記念対局を終えた仲邑菫新初段(左)と黒嘉嘉七段=20日午後、東京都千代田区の日本棋院(川口良介撮影)

 4月に史上最年少のプロ囲碁棋士になる仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)が20日、東京都千代田区の日本棋院で台湾女流トップの黒嘉嘉(こく・かか)七段(24)と記念対局し、228手までで、中押しで敗れた。

 対局後、50人以上の報道陣に緊張気味の仲邑新初段は「うまく打てた」「(終盤の)ヨセで失敗した」と言葉少なに振り返ったあと、「世界で戦える棋士になりたい」と語った。一方の黒七段は「私は6歳で囲碁を始め、9歳ではアマチュア初段くらいだった。(9歳で)これだけ打てるのは素晴らしい。間違いなく、世界チャンピオンになれる」と太鼓判を押した。

 通常の対局では、有利とされる黒番が6目半のコミを出すが、黒七段とのレベルを考慮し、黒番・仲邑新初段の定先(コミなし)という手合割。それぞれ10分の持ち時間と、1分の考慮時間が10回ずつ与えられたなか、仲邑新初段は145手目のときにそれを使い切り、以降は1手30秒以内で打たなければいけなかった。それまで互角の形勢だったが、秒読みに追われた仲邑新初段にミスが出て黒七段が優勢に。差が広がったため、228手で仲邑新初段が投了した。

 話題の対局とあって、開始の合図を告げる立会人を藤沢里菜女流名人(20)が務め、黒七段と親交が深い台湾出身の謝依旻(しぇい・いみん)六段(29)ら多くの棋士も観戦に訪れた。

 今回の記念対局は日本棋院が発行する専門紙「週刊碁」の新初段シリーズ企画で実現した。従来は新入段者が、憧れる先輩棋士らとハンデ付きで対局するもの。今回は22日に開幕する「SENKO CUP ワールド碁女流最強戦2019」に黒七段が出場するのに合わせ、対局が組まれた。同棋院のWebサイト内で棋譜の進行が配信されたほか、CS放送では生中継されるなどタイトル戦なみの対応が取られた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ