PR

ライフ ライフ

ペットと適切な距離保って 米、ハリネズミから感染症

Messenger

 「ペットのハリネズミにキスしたり、顔をくっつけたりしないで」。米疾病対策センター(CDC)が注意を呼び掛けている。

 2018年10月から12月にかけて、米国の8つの州で、計11人がサルモネラ菌に感染して体調不良になり、うち1人が入院した。聞き取り調査の結果、10人はハリネズミとの接触があり、ペットのハリネズミの一部からは菌も検出された。

 健康なハリネズミでもふんにサルモネラ菌を排出するため、体やケージに菌が付着していることはよくある。CDCは、ハリネズミに顔を寄せたりせず、触れた後は、必ずせっけんで手を洗うよう求めている。

 犬や猫などから人間に感染するとされる病気にはさまざまな種類がある。人獣共通感染症「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」では国内でも死亡例があり、専門家は「動物とは適度な距離を保って」と呼び掛けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ