PR

ライフ ライフ

【フェルメール事典】第1部(2)「真珠(下)」白く浮かぶ魔術師のモチーフ

Messenger
ヨハネス・フェルメール《リュートを調弦する女》1662-1663年頃 メトロポリタン美術館 Lent by the Metropolitan Museum of Art, Bequest of Collis P. Huntington, 1900 (25.110.24). Image copyright (C) The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY
ヨハネス・フェルメール《リュートを調弦する女》1662-1663年頃 メトロポリタン美術館 Lent by the Metropolitan Museum of Art, Bequest of Collis P. Huntington, 1900 (25.110.24). Image copyright (C) The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY

 フェルメールが描いた当時の真珠のネックレスは、留め金などではなく、リボンで結んで身につけるものだったようだ。『手紙を書く女』に登場する真珠のネックレスには、たっぷりとした黄色いリボンがついている。東京展で展示された『真珠の首飾りの女』では、女性がうっとりとした表情を浮かべて、両手で真珠のネックレスの先にあるリボンを結ぼうとする様子が描かれていた。

 『リュートを調弦する女』でも、真珠のネックレスと耳飾りが窓からの光を反射して、暗がりに白く浮かび上がる。「光の魔術師」と呼ばれるフェルメールにとって、真珠は格好のモチーフといえる。

 真珠などがもたらされた東洋との交易によって、当時のオランダには異国趣味が広まっていった。まだ見ぬ東洋の文化は、市民の憧れの対象となったのだ。

     

 フェルメール作品に登場する装飾品や楽器、色、など、キーワードからその魅力を解き明かします。

 【ガイド】「フェルメール展」 大阪市立美術館(同市天王寺区)で5月12日まで。入館料は一般1800円など。問い合わせは06・4301・7285(大阪市総合コールセンターなにわコール)。

≫ フェルメール、エッシャー 話題の展覧会の公式図録を販売中

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ