PR

ライフ ライフ

横浜で2つのロープウエー案 桜木町駅-新港ふ頭 東京五輪前に開業へ

Messenger
横浜にロープウエーが整備されたイメージ図。みなとみらいの景観を楽しみながら移動できる(横浜市提供)
横浜にロープウエーが整備されたイメージ図。みなとみらいの景観を楽しみながら移動できる(横浜市提供)

 東京五輪・パラリンピックなどをにらみ、横浜市でロープウエーを建設する案が2つある。そのうちの一つが、横浜みなとみらい21(MM21)地区で、JR桜木町駅-新港ふ頭間を結ぶ計画案。もう一つは、横浜駅東口-山下ふ頭間を結ぶ構想案だ。実現すれば、開発が進む客船ターミナルの観光客受け入れ機能との連携が可能となるなど、観光促進や回遊性の向上にもつながりそうだ。

 いずれの案も、市都市整備局が臨海部の回遊性を高めるために交通ネットワークを強化しようと、「まちを楽しむ多彩な交通の充実」を掲げて、平成29年度に募り、選定した事業案だ。企業側が設置費や運営費を負担する。

 最短2分半で

 MM21地区のロープウエーの名称は「YOKOHAMA AIR CABIN(仮称)」。JR桜木町駅東口北改札から海上の遊歩道「汽車道」に沿って全長630メートルのロープウエーを整備して、新港ふ頭の運河パークと結ぶ。

 停留所は、同駅東口北改札と商業施設「横浜ワールドポーターズ」の隣接地にそれぞれ設ける。運河パーク側の停留所は、横浜ワールドポーターズや歩道橋「サークルウォーク」の2階部分と接続することも検討中だ。同じルートを徒歩で移動すると、片道15~20分ほどかかるが、ロープウエーを利用すれば最短2分半ほどで移動できる。

続きを読む

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ