PR

ライフ ライフ

【フェルメール事典】第1部(1)「真珠(上)」東洋の宝石 女性の憧れ

Messenger
ヨハネス・フェルメール《手紙を書く女》1665年頃 ワシントン・ナショナル・ギャラリー National Gallery of Art, Washington, Gift of Harry Waldron Havemeyer and Horace Havemeyer, Jr., in memory of their father, Horace Havemeyer, 1962.10.1
ヨハネス・フェルメール《手紙を書く女》1665年頃 ワシントン・ナショナル・ギャラリー National Gallery of Art, Washington, Gift of Harry Waldron Havemeyer and Horace Havemeyer, Jr., in memory of their father, Horace Havemeyer, 1962.10.1

 手紙を書く手を止め、こちらを見つめる女性。画面左から差し込む光を反射して、女性の耳飾りと手元に置かれたネックレスの真珠が蠱惑(こわく)的に光る。『手紙を書く女』をはじめ、フェルメールは35作品前後といわれる現存作のうち、12作品で真珠を身につけた女性を描いている。

 フェルメールが生まれた17世紀前半のオランダは、スペインから独立して共和国を築き、海洋国家として繁栄を誇っていた。東インド会社を通して東洋からさまざまな品物がもたらされ、その一つである真珠は女性の憧れの的だった。

 すべて天然真珠で、価格はダイヤモンドに匹敵するほど。高級品のため、ガラスに色をつけた模造品も販売された。なお、代表作『真珠の耳飾りの少女』の真珠はその大きさから、模造品とも言われている。

     

 フェルメール作品に登場する装飾品や楽器、色、など、キーワードからその魅力を解き明かします。

 【ガイド】「フェルメール展」 大阪市立美術館(同市天王寺区)で5月12日まで。入館料は一般1800円など。問い合わせは06・4301・7285(大阪市総合コールセンターなにわコール)。

≫ フェルメール、エッシャー 話題の展覧会の公式図録を販売中

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ