PR

ライフ ライフ

藤井聡太七段が連覇に王手 将棋朝日杯

Messenger
行方尚史八段(手前)と対局に臨む藤井聡太七段=16日午前、東京都千代田区・有楽町朝日ホール(納冨康撮影)
行方尚史八段(手前)と対局に臨む藤井聡太七段=16日午前、東京都千代田区・有楽町朝日ホール(納冨康撮影)

 将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(16)は16日午前、東京都千代田区で指された第12回朝日杯将棋オープン戦の本戦準決勝で行方尚史八段(45)に勝ち、午後に行われる決勝に進出した。藤井七段は、羽生善治九段(48)が平成25~27年度に記録した3連覇以来、史上2人目の連覇に挑む。

 朝日杯は持ち時間各40分の早指し棋戦で、八大タイトルには含まれない「一般棋戦」。準決勝は観戦可能な公開対局で、午前10時半から始まり、約600人のファンが対局場で見守った。

 対戦相手の行方八段は第1回優勝者で、タイトル挑戦の経験を持つ元A級棋士。両者は公式戦初対局で、行方八段の先手で始まった。藤井七段が丁寧な指し回しで相手玉を追い詰め、決勝進出を果たした。

 藤井七段の今年度の公式戦成績は39勝7敗(勝率8割4分8厘)となった。

 もう一つの準決勝は、第6回優勝者の渡辺明棋王(34)が千田翔太六段(24)を下した。藤井七段は連覇を懸けて渡辺棋王と決勝を戦う。

 藤井七段は昨年の同棋戦は中学生棋士で五段として臨み、準決勝で羽生九段=当時二冠=と公式戦で初対局。大金星を挙げ、続く決勝で広瀬章人竜王(32)=同八段=にも勝利し、15歳6カ月で全棋士参加の一般棋戦で初優勝し、規定で六段昇段を果たした。

 今回は本戦から登場。1回戦で稲葉陽八段(30)、準々決勝では糸谷哲郎八段(30)と、A級棋士を連破し、ベスト4に進んだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ