PR

ライフ ライフ

有給取得の義務化、今春開始 中小企業に人手不足の「壁」

Messenger

     ◇

年次有給休暇

 働き始めてから半年間経過し、全労働日の8割以上出勤した場合、労働者は賃金を得て10日分休む権利がある。休暇をどのような目的に利用するかは労働者の自由。ただ「事業の正常な運営を妨げる」理由がある場合、会社側が別の時期に変更できる。1年ごとに1~2日間ずつ増えていき、法律上の最低限は最大20日分とされている。請求権には2年の時効がある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ