PR

ライフ ライフ

全小学校に人型ロボット「ペッパー」導入 京都・宇治市

Messenger
宇治市内の全市立小学校に導入されるペッパー=同市役所
宇治市内の全市立小学校に導入されるペッパー=同市役所

 京都府宇治市は13日、市内の全市立小学校22校にソフトバンクの人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を2019年度から導入すると発表した。2020年度に小学校でプログラミング教育が必修化されることから、論理的な思考力や問題解決力の育成に前倒しで取り組む。

 市がソフトバンクと結んだ多様な機器がインターネットにつながる「IoT」やAI(人工知能)技術などを活用したまちづくりなどに関する連携協定に基づいて実現。新年度当初予算案に事業費697万円を盛り込んだ。

 主に3年生以上の総合的な学習の時間で用いられる。児童らは地域や学校での課題解決に向け、ペッパーをどのようにプログラミングすればいいか考えることで、論理的な思考力や問題解決力などが身につくという。

 ソフトバンクは社会貢献プログラムとして、2017年度から全国600校以上の小中学校にペッパーを貸与している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ