PR

ライフ ライフ

マダイ稚魚選別にAI活用 近大

Messenger
ベルトコンベヤーで流れてくる稚魚を選別する作業=和歌山県白浜町
ベルトコンベヤーで流れてくる稚魚を選別する作業=和歌山県白浜町

 近畿大学水産研究所(和歌山県白浜町)は、これまで人手に頼っていたマダイの稚魚をポンプで吸い上げる作業について、人工知能(AI)を活用した新たなポンプ制御システムを開発し、本格的な作業を始めた。「人材確保に悩む漁業の働き方改革に貢献できるのでは」としている。

 養殖技術を手掛ける水産研究所の実験場は、県内では白浜町やすさみ町、串本町などにあり、「近大マグロ」をはじめ、さまざまな魚種を研究。マダイは研究の大きな柱のひとつとなっている。

 マダイの稚魚は、生産部門の近畿大学水産養殖種苗センター(白浜町)で育て、近大のベンチャー企業「アーマリン近大」を通じて全国の養殖業者に販売している。販売数は約1200万匹に上り、国内の年間生産量の24%を占める。

 水産養殖種苗センターのいけすからマダイの稚魚を出荷する際は、ポンプで吸い上げた稚魚をベルトコンベヤーに乗せ、大きさをチェックするほか、生育不良の個体がないか作業員が目視で見分けている。

 この作業ではポンプの流量調節が重要で、吸い上げる水量が多いとベルトコンベヤーを通過する稚魚が多くなって選別が追い付かず、逆に、水量が少ないと稚魚の数が少なくなって作業効率が落ちるという。

 そこで水産研究所は、トヨタグループの総合商社「豊田通商」(名古屋市)と日本マイクロソフト(東京都)と共同して新たなシステムを開発。ポンプに2台のカメラを組み込み、撮影した稚魚の画像などをAIが解析して流量を調節することによって、吸い上げる稚魚の数を一定に保つ新システムを完成させた。

 すでに水産養殖種苗センターに導入して本格的な作業を始めており、効果も確認されているという。

 水産研究所は今後の展開として、「現在、目視で行っている個体を取り除く作業でも画像解析などを活用して自動化を目指したい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ