PR

ライフ ライフ

【本郷和人の日本史ナナメ読み】中世のプリンセス(下)実はややこしい百人一首の「姫」

Messenger

 (1)と(2)の女性は皇族ですので、繧繝縁(うんげんべり)というカラフルな縁の畳に座っています。(1)は説明不要ですね。(2)は後白河天皇の皇女で、百人一首を選んだ藤原定家の想(おも)い人とのエピソードもある方です。(3)と(4)の女性は白黒の高麗縁に座っている。(4)は鳥羽天皇の中宮の待賢門院(藤原璋子(しょうし))に仕えた堀河さんという女官。平安京の通りの名前にしている人はざっくりいって、えらい。だから「えらい姫」に入っているのは分かるのですが、問題は(3)。赤染衛門が「えらい」扱いされているのはなぜなんだろう? 彼女のお父さんや夫はそれほど高位の貴族ではない。紫式部や清少納言と変わらないはずなのですが。同僚に聞いてきます。

 高貴な女性について、もう少し説明しておきましょう。天皇の子女のうち、男性は親王で女性は内親王。これは皆さんご存じだと思いますが、親王・内親王を名乗るためには「親王宣下」という階梯(かいてい)を経なければいけません。たとえば源平の戦いの発端をなした以仁王(もちひとおう)は、なぜか父の後白河上皇から愛されず、親王宣下を受けられませんでした。そのため、以仁親王ではなく、以仁「王」なのです。女性もまた同じ。

 内親王は至上のお姫さまですが、これに並ぶのが皇妃(こうひ)と女院(にょいん)です。皇妃とは天皇のお后(きさき)ですね。天皇の妻のうちもっとも格の高い方が皇后で、その女性は天皇の代替わりとともに原則として皇太后、太皇太后となる。これが「三后(さんこう)」で、三后に準じるのが准后(じゅごう)。また皇后と同格なのが中宮(ちゅうぐう)。ややこしいですね。

 こうした皇妃は特別な待遇(その方のお世話をする役所が設けられ、役人が配置されるなど)を受けますが、出家すると、その待遇は停止されることになっていました。でも、出家後も丁重な扱いを続けたいというので考え出されたのが女院です。皇妃や内親王など、特別の女性から選ばれて、都の通りの名の「八条院」や、御所の門の名である「美福門院」という称号を贈られます。院庁という役所をもち(たとえば八条院であれば八条院庁という)、職員が置かれ、女院の日常生活や財産の管理がなされるのです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ