PR

ライフ ライフ

NIE出前授業で新聞づくり 茨城・石岡市立八郷中

実際の新聞を参考に「学校自慢」新聞作りに挑戦する生徒たち=13日、茨城県石岡市柿岡の市立八郷中(戸谷真美撮影)
実際の新聞を参考に「学校自慢」新聞作りに挑戦する生徒たち=13日、茨城県石岡市柿岡の市立八郷中(戸谷真美撮影)

 茨城県石岡市立八郷中(倉田博文校長、生徒数475人)で13日、1年生を対象に「新聞の読み方 記事の書き方」をテーマとした出前授業が行われた。新聞を教育に活用するNIE(ニュースペーパー・イン・エデュケーション)の一環。生徒たちは学校新聞作りを念頭に、新聞の構成や基本的な記事の書き方などを学んだ。

 この日は産経新聞東京本社編集ソリューション室・NIE事務局の石元悠生室長、慶田久幸編集委員、戸谷真美記者が訪問。生徒たちは、12日に白血病であることを公表した日本競泳女子のエース、池江璃花子(いけえ・りかこ)選手(18)の記事や、今年1月に選抜高校野球大会への出場が決まった地元の県立石岡一高の記事など同一テーマの記事が、新聞の複数の面に掲載されていることを確認。それぞれの記事を読み、1面、社会面、運動面といった掲載面や想定される読者によって、記事の内容や見出しに違いがあることを学んだ。

 また、「一番伝えたい事実」から先に書くといった新聞記事の基本の書き方について説明を受け、「八郷中が誇れること」という学校紹介の新聞作りに挑戦。生徒と教員が協力して清掃に取り組み、校舎を美しく保っていることや、女子バレーボール部や野球部を中心に活躍している部活動など、思い思いの「学校自慢」を新聞にした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ