PR

ライフ ライフ

初のデブリ接触調査始まる 福島第1原発2号機

Messenger
公開された福島第1原発2号機の原子炉格納容器内を調べる装置=横浜市
公開された福島第1原発2号機の原子炉格納容器内を調べる装置=横浜市

 廃炉作業が進む東京電力福島第1原発2号機で、東電は13日、溶け落ちた核燃料(デブリ)の取り出しに向け、ロボットを使ってデブリとみられる堆積物の硬さなどを確認する調査を始めた。炉心溶融(メルトダウン)を起こした1~3号機で、デブリの撮影ではなく接触を主眼とした調査は初めて。調査は同日中に終わる見込み。

 東電は今回の調査でデブリの性質を確認し、取り出し作業の計画の検討に役立てる。また、サンプルの採取については平成31年度の後半に計画している。

 2号機をめぐっては昨年1月、先端にカメラを取り付けた伸縮式のパイプなどを使った調査を実施。格納容器の底部に落下したデブリとみられる小石状や粘土状の堆積物が確認された。

 今回の調査では、同様に伸縮式パイプを原子炉の真下の足場まで差し入れ、そこから物を挟んでつまめる部位が装備されているロボットをケーブルでつり下ろし、デブリに接触させるという。

 東電は本格的なデブリの取り出しを33年から始める計画で、最初の取り出し作業を1~3号機のいずれで行うかを来年3月までに決める方針。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ