PR

ライフ ライフ

あえて赤身 和歌山県が「紀州和華牛」開発

Messenger
和歌山県が開発した赤身肉のブランド和牛「紀州和華牛」(前川康二撮影)
和歌山県が開発した赤身肉のブランド和牛「紀州和華牛」(前川康二撮影)

 和歌山県は12日、脂肪交雑(サシ)を抑えた新たなブランド和牛「紀州和華牛(わかうし)」を開発したと発表した。今月下旬から、和歌山市内の一部飲食店で提供が始まる。今後、生産や流通業者などによる協議会も立ち上げ、生産と消費拡大をめざす。

 牛肉は、一般的に霜降り部分が多くてサシがよりきめ細かな方が高級とされるが、近年は健康志向の高まりで赤身肉への需要が高まっている。

 県はこうした需要を取り込み、県産和牛の消費拡大につなげようと平成27年から研究を続け、紀州和華牛を開発した。

 飼料にミカンジュースやしょうゆの絞りかすなどを15~20%配合して肥育。従来に比べて脂肪が約1割減っており、ヘルシーながら黒毛和牛特有の旨味も楽しめるという。

 抗酸化作用のあるビタミンEの含有量は従来の1・7倍。絞りかすの再利用などで飼料コストも1割程度削減できるとしている。

 流通業者らの協力を得て今月下旬から、実証実験で生産した一部を、和歌山市内の「カルビ一丁」「和歌山麦酒醸造所三代目」「鉄板焼ステーキ京橋デュッセル」の3店で提供する。

 4月中をめどに、畜産農家や流通業者などで「紀州和華牛協議会」を設立。計画的なPRや生産拡大、販路開拓などを進め、ブランド化を推進する。

 県の担当者は「霜降り肉に偏重している市場に、新しい選択肢として赤身の紀州和華牛を提供することで、県産和牛の需要を開拓したい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ