PR

ライフ ライフ

31歳男性がはしか感染 カンボジア旅行後 京都訪問中に発症

Messenger

 京都市保健所は11日、同市の友人を訪ねていた東京都の男性会社員(31)がはしかを発症したと発表した。京都市内の病院に入院中。

 保健所によると、男性は1月22~25日にカンボジアを旅行。2月6日に発熱し、7日に都内の医療機関を受診したが、はしかとは診断されなかった。京都市を訪れた9日夜、発疹に気づき同市内の病院を受診、市の検査で陽性が確認された。はしかの潜伏期間は10~12日程度とされる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ