PR

ライフ ライフ

【フード 食】名店 ブルガリ イル・チョコラート バレンタイン彩る“宝石”

Messenger

 ルイ・エ・レイは、斎藤さんが1年間かけて試行錯誤を繰り返した自信作だ。

 ◆一粒に数日間

 ブルガリはローマ発祥だが、「ブルガリ イル・チョコラート」は、初代の日本人メートルショコラティエと当時のイタリア人支配人によって平成19年に日本で誕生したチョコレートブランドだ。特徴は、チョコレートを「宝石(ジェム)」として扱う哲学にある。広報担当者は「ジュエリーは身につけるだけのものではない。ライフスタイルの中で楽しんでもらえる存在であってほしい」。

 工房では、チョコレート一粒を数日かけて完成させていく。素材にこだわる。伝統を守る。しかし、斬新さのある挑戦も忘れない。そうした技術に裏打ちされた工程は、ジュエリーづくりと重なっている。

 国際的なブランドであるからこそ、「地産地消」も大切にする。例えば、はちみつの繊細な香りや味をレモンの風味と融合させた「ブルガリ・ブルガリ 銀座はちみつとレモン」は、銀座にあるビルの屋上で養蜂したはちみつを使った東京限定のチョコレートだ。

 大阪の店舗では、京都の地酒を使ったチョコレートも展開している。

 ところで、バレンタインデーは日本では、女性が思いを寄せる男性にチョコレートを贈る日だが、欧米では、男女関係なく大切な人に愛を伝える日である場合が多い。その「宝石」の輝きは女性だけでなく、男性もとりこにするはずだ。

 ■ブルガリ イル・チョコラート松屋銀座 東京都中央区銀座3の6の1松屋銀座地下1階。午前10時~午後8時。「ルイ・エ・レイ」は3800円、「ブルガリ・ブルガリ 銀座はちみつとレモン」は1501円など。03・3567・1211(松屋銀座)。ブルガリ銀座タワー10階(東京都中央区銀座2の7の12)にも店舗あり。

                   ◇

 ご感想・情報

 ▽Eメール life@sankei.co.jp

 ▽FAX 03・3270・2424

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ