PR

ライフ ライフ

作家の堺屋太一さん死去 「団塊の世代」名付け親、万博を企画

Messenger

 主な著作は、「知価革命」など未来予測小説に加え、歴史小説も多く「峠の群像」や「秀吉」は、NHKの大河ドラマの原作になった。産経新聞では「正論」メンバーとして健筆を振るい、第7回正論大賞を受賞したほか、21世紀への指針を探る「風と炎と」を連載した。

 ペンネームの「堺屋太一」は、先祖に大阪・堺で貿易をしていた豪商がいて、数えて14代目に当たるので、この屋号から取ったとしている。平成24年、旭日大綬章。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ