PR

ライフ ライフ

特養ホームで1人死亡 秋田、インフル集団感染

Messenger

 秋田市下新城笠岡の特別養護老人ホーム金寿園は10日、利用者と職員の計32人がインフルエンザA型に集団感染し、うち利用者の80代女性が死亡したと発表した。

 長谷川正美施設長は「インフルエンザが直接の死因ではないが、呼吸器疾患を悪化させた可能性は否定できない」としている。

 同園によると、1月31日に利用者1人の感染が判明し、2月9日までに利用者19人、職員13人の感染が確認された。80代女性は体調が悪くなり、病院に運ばれたが回復しなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ