PR

ライフ ライフ

【書評】ノンフィクション作家・河合香織が読む『ピアノ・レッスン』アリス・マンロー著、小竹由美子訳

Messenger

 それは、そこにあるはずの、あったはずのものの不在がページから滲(し)み出しているからであろう。生きることの陰影のすべてがこの小さな世界に凝縮されていることを作家は描き切った。けれども、不思議に悲しくも、後味悪くもない。懐かしいその思いをじっと覗(のぞ)き込み、抱きしめたくなる。良い文学作品は要約を拒む。要約から抜け落ちたところに、行間から立ち上がる情景こそに核が隠されている。ゆっくりと草を反芻(はんすう)するように味わいたい本である。(新潮クレスト・ブックス・2200円+税)

 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ