PR

ライフ ライフ

競馬場に江戸の町並み 東京メガイルミネーション

Messenger
大井競馬場で開かれている「東京メガイルミネーション 東京光の大祭典」=6日、東京都品川区(萩原悠久人撮影)
大井競馬場で開かれている「東京メガイルミネーション 東京光の大祭典」=6日、東京都品川区(萩原悠久人撮影)

 大井競馬場(東京都品川区)で開かれているイルミネーションイベント「東京メガイルミネーション」で、江戸の町並みを表現したエリアが撮影スポットとして人気を集めている。

 「江戸にぎわい光夜」と名付けられたエリアは、赤や青といった鮮やかな色彩で彩られ、夜空に浮かぶちょうちんなどで、江戸の祭りの夜をイメージ。神社の鳥居や火消し、銭湯などののれんが並ぶ。神社の前に立つと賽銭(さいせん)を投げる音が鳴ったり、のれんをくぐると店の主人のシルエットが浮かんだりする仕掛けがところどころにあり、のれんの内側から顔を出して記念撮影するカップルの姿も見られた。

 中国から家族で遊びにきたという女性(24)は「寒いけれど、きれいで楽しい。写真もたくさん撮りました」と話していた。

 東京メガイルミネーションは3月31日まで。営業時間は午後5時(平日は午後6時)~10時。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ