PR

ライフ ライフ

愛知県対応は防疫指針違反 豚コレラ、出荷自粛遅れ

防疫作業などが続く愛知県豊田市の養豚場=9日午前
防疫作業などが続く愛知県豊田市の養豚場=9日午前

 豚(とん)コレラが5府県に拡大する起点となった愛知県豊田市の養豚場に対し、豚に症状が出たと連絡があった当日に出荷自粛を求めなかった県の対応は国の防疫指針に反することが9日、分かった。県が養豚場での異変を把握したのは4日だが自粛要請前の5日に長野県へ出荷された。農林水産省は「通報を受けた時点で要請するのが原則」とし、経緯を調べている。

 国の「豚コレラに関する特定家畜伝染病防疫指針」は発熱や食欲不振、流産などが通常以上の頻度で起こった場合、養豚業者らから通報を受けた都道府県は、届け出があった施設から豚などを運び出さないよう指導すると定めている。

 愛知県によると、4日に豊田市の養豚場から食欲不振などの症状の連絡があり、立ち入り検査を行った。同日中の血液検査では異常がなく、別の感染症を疑った県は農家に出荷自粛を要請しなかった。遺伝子検査を開始した県が出荷自粛を求めたのは翌5日午前。その約2時間前に長野県宮田村に子豚80頭が出荷された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ