PR

ライフ ライフ

核燃料入り容器包む袋に穴 東海村の漏洩

Messenger

 茨城県東海村にある日本原子力研究開発機構の核燃料サイクル工学研究所で容器から核燃料物質が漏れた問題で、容器を包んでいた樹脂製の袋に直径約5ミリの穴が開いていたことが8日、分かった。機構が文部科学省で開かれた会合で報告した。容器に入っていたのはプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料用の粉末。

 文科省の担当者は会合後、「穴から漏洩(ろうえい)したと推測できる」と話した。機構は穴ができた原因を調査し、月内にも報告する方針。

 漏洩は1月30日に発生。同研究所の「プルトニウム燃料第2開発室」の放射線管理区域内で、作業員が、密閉された設備「グローブボックス」から燃料用粉末が入ったステンレス製容器を取り出した際、放射性物質の漏洩を検知する警報が鳴った。現場にいた作業員は男性9人で、被ばくはなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ