PR

ライフ ライフ

徳光さん司会、来月「歌声喫茶」コンサート 「健康」「仲間意識」で見直し

Messenger

 自身のラジオ番組「とくモリ!歌謡サタデー」(ニッポン放送、毎週土曜午前5時)では、認知症予防のコーナーを始めている。「歌を趣味にする人は認知症になりにくいそうですから、健康のためにみなさんと一緒に歌うのが今から楽しみですね」とコンサートが待ち遠しそうな様子だ。

 「うたごえ喫茶コンサート」は2部構成で、1部は観客が一緒になって歌う「うたごえ」。2部は歌手の坂本冬美さんや城南海(きずきみなみ)さん、Baby Boo(ベイビー・ブー)、森山愛子さんらゲストが昭和・平成の名曲を歌う歌謡ショー的なものになるという。

 ◆世代超え、昭和歌謡

 歌声喫茶では、昭和時代のヒット曲、いわゆる昭和歌謡もよく歌われた。「今、昭和歌謡が若い人たちにも受け入れられています。それは歌詞やメロディーが覚えやすいから。プロレスや野球観戦の楽しみ方と共通で、隣の席の人と一緒に声を出して、参加している感覚を楽しんでいるんです」と徳光さん。

 現代のヒット曲との違いについても触れ、「今の人たちも今の歌をみんなで歌っています。でも、現代は個人が主張する時代ですから、歌い手の『マイソング』になっています。昭和歌謡など昔の歌は、歌手が3分間の物語の主人公になっていく感じがしました」と話した。

 3月のコンサートが2部構成になっていることに、「坂本さんをはじめ、今回のゲストはみんな歌がうまいし、声がきれい。きれいな歌声に酔いしれてほしい。1部ではお客さんがピッチャーでしたが、2部ではキャッチャーになる。そのときにこのメンバーは最高に素晴らしい球を投げますよ」とコンサートの成功に自信を見せた。

 「大きなホールでみんなが歌うとどうなるのか楽しみ。これを機に『歌声』の楽しさを知ってほしいですね」と、ファンの来場を待ち望んでいる。コンサートの問い合わせは、チケットポート(03・5561・9001、平日午前10時~午後6時)まで。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ