PR

ライフ ライフ

豚コレラで緊急防疫会議 愛媛県

今後の対応を協議した緊急防疫会議=愛媛県庁
今後の対応を協議した緊急防疫会議=愛媛県庁

 豚コレラが愛知県など複数県で発生したことから、愛媛県は7日、緊急防疫会議を開き、養豚場の衛生管理指導を徹底するなど、今後の対応を決めた。

 県庁で開かれた会議には、県畜産課をはじめ、家畜保健衛生所などの防疫担当職員、全国農協連県本部や県畜産協会など計17人が出席した。佐伯拡三・畜産課長が「緊張感を持って、病原体の侵入防止などの指導にあたってほしい」とあいさつ。現在、県内110養豚場の約18万5000頭に異常がないことが報告された。

 今後の対応として、養豚農家に対し、発熱や歩行困難といった異常豚の早期発見と早期通報▽野生イノシシなどからの病原体の侵入防止▽畜舎などの衛生管理区域に出入りする際の指や靴、車両の消毒徹底-を指導する。異常に伴う検査中は出荷を見合わすなど、豚の移動を自粛するよう要請することも申し合わせた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ