PR

ライフ ライフ

横浜にもかつて御用邸 明治天皇の休憩所 港見渡す伊勢山の地に

Messenger
伊勢山皇大神宮の記念館ロビーにある、かつて隣接していた横浜御用邸の方角を示す掲示=横浜市(王美慧撮影)
伊勢山皇大神宮の記念館ロビーにある、かつて隣接していた横浜御用邸の方角を示す掲示=横浜市(王美慧撮影)

 神奈川県葉山町の葉山御用邸は全国的にも有名だが、横浜にもかつて、皇室の別荘とも言われる御用邸があったことは、あまり知られていない。皇室と伊勢神宮には、切っても切れない縁があるが、この横浜御用邸は「関東のお伊勢さま」や「横浜のお伊勢さま」として知られる伊勢山皇大神宮と隣接するかたちで、現在の横浜市西区宮崎町に明治天皇の休憩所として、設けられたと伝えられている。お代替わりの年に、その歴史を、改めてひもといてみる。

 首都圏の「お伊勢さま」と言えば、靖国神社にほど近く、「東京のお伊勢さま」とも呼ばれる東京大神宮も、よく知られる。明治天皇の裁断により、明治13年に東京・日比谷で創建。関東大震災を経て、昭和3年に現在地に移った。

当初は名称がなく

 現在、広く行われている神前結婚式は、明治33年に当時、皇太子だった大正天皇の「結婚の儀」が、初めて皇居内の賢所(かしこどころ)で行われたことを記念して、東京大神宮が一般に向けて創始したものだ。一方、3年に創建の遷座(せんざ)祭が行われ、平成32(2020)年に創建150年を迎える伊勢山皇大神宮に隣接するかたちで、横浜港を見渡す伊勢山に、明治8年に設置されたのが横浜御用邸だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ